TOP出荷について転送出荷のやり方は?[BASE API]
最終更新日 : 2020/08/02

転送出荷のやり方は?[BASE API]

転送出荷のやり方 -BASE API編-

BASE APIを使った転送出荷の説明になります。
商品登録をせずに出荷指示を出すことができます。

①ダッシュボードメニュー「出荷」から「転送出荷」を選択します。

スクリーンショット 2020-06-13 10.40.52.png

②BASE APIの「次へ」を選択します。

スクリーンショット 2020-06-13 14.25.30.png

③[1]出荷対象となる受注データの種類を選択します。[2]と[3]で出荷対象となる注文日の範囲を指定します。[4]「続ける」ボタンを選択します。

※注文日時おわりは当日から1日先(翌日)の日付を設定してください。

スクリーンショット 2020-06-12 16.30.28.png

④BASEのApps認証画面へ遷移いたします。BASEショップのIDとパスワードをご入力の上、「アプリを認証」ボタンを選択してください。

※BASEの認証画面は1回承認をすると、次回以降は表示されません。

スクリーンショット 2020-06-12 11.49.47.png

⑤BASEとの連携が成功するとNEOlogi管理画面に遷移し、対象の受注データが取り込まれます。

[1]出荷できる注文にチェックを入れてください。まとめてチェックを入れることもできます。チェックをしない注文もNEOlogi管理画面に取り込まれ、「出荷管理」に「未処理」ステータスとして履歴が残ります。

「未処理」ステータス注文の再出荷処理については以下URLをご参照ください。

[2]カテゴリーを入力してください。

海外出荷の場合はカテゴリーは輸出に必要な書類(INVOICE)に印字するための品目になります。英語での入力が必要になります。

例:Tシャツの場合
○:T-Shrits
×:Apparel

例:おもちゃの場合
○:Toys
×:Goods

ご不明な場合はNEOlogiサポートまでお気軽にお問い合わせください。

国内出荷の場合は、送り状に印字される品目になりますので、商品内容が分かる品目名をご入力ください。

[3]「出荷指示を出す」ボタンを選択してください。

スクリーンショット 2020-06-13 11.28.14.png

⑥納品管理IDが注文番号毎に発行されます。納品管理IDを注文毎に梱包したダウンボールに貼り付けて指定の納品先住所に発送してください。

納品管理IDは「納品管理IDバーコード 印刷」ボタンを選択するとPDFでダウンロードすることができます。

■納品管理IDの貼り方について
納品管理IDは梱包されたダンボールに分かりやすく貼り付けてください。
以下画像を参考にしてください。

IMG_0419.jpg
スクリーンショット 2020-06-13 11.34.57.png

⑥「納品管理IDバーコード 印刷」を選択すると以下PDFがダウンロードされます。

バーコード には上部に「注文番号」が印字されていますので、注文毎に梱包されたダンボールにバーコード を貼り付けて指定の倉庫まで荷物を送ってください。

※バーコード 印刷用PDFのレイアウトはA4 30面(53.3mm×25.4mm)サイズになっています。

スクリーンショット 2020-06-13 11.41.23.png

以上でBASE APIを使った転送出荷が完了いたします。